発達障害ガイド http://h-guide.net/about_ld/

学習障害(LD)の特徴・診断・対策・勉強方法・塾選び

文字の読み書きや計算が苦手な子供、勉強が嫌いな子供は学習障害があるかもしれません。学習障害の特徴や診断やサポートについて基本的な情報をまとめました。

学習障害(LD)とは?

学習障害(LD)は、自閉症スペクトラム(広汎性発達障害)、アスペルガー症候群やADHD(注意欠陥多動性障害)と同じ、発達障害のひとつです。
学習障害は、知的能力には問題はなくても、「読む」「書く」「話す」「計算する」「推論する」のうち、特定の分野またはいくつかの分野の能力が不足している特徴があります。
「読み書き困難」「読み書き障害」「学習症」「学習困難」と呼ばれることもあります。

関連記事:発達障害とは
文字を読むことが苦手な読字障害(ディスレクシア・失読症)、文字を書くことが苦手な書字障害(ディスグラフィア・書字表出障害)、計算が苦手な算数障害(ディスカリキュア)なども、学習障害に含まれます。

学習障害の子供の特徴

小学校入学前に判明することは珍しく、小学校入学後に、ひらがなが覚えられない、漢字が覚えられないなど、授業や勉強についていけないことがきっかけで判明することが多いのが特徴です。

学習障害は知的能力が低いわけではありませんが、学校や家庭で「勉強が足りない」「頑張っていない」「やる気がない」と、評価をされてしまいがちです。
そのため宿題や家庭学習の量を増やされたり、厳しく叱られたりすることで、勉強が嫌いになったり、劣等感を持ってしまいやすく、深刻な二次障害を引き起こしてしまう恐れもあります。

入学後のお子さんの様子に心配なところが見られる場合は、早めに検査を受け、結果を元に学校と家庭とで協力をして、適切なサポートをしていくことが大切です。

学習障害の原因

昔は学習障害は家庭環境や親のしつけが原因と考えられてきましたが、現在では育て方やしつけとはまったく関係がない事が解っています。学習障害のはっきりとした原因はまだ特定はされていませんが、遺伝子など何らかの理由で、脳や中枢神経の一部の機能に障害が起きることが原因だと考えられています。

学習障害は治る?

学習障害は発達障害のひとつで、脳や中枢神経の機能に障害があることが原因です。生まれつきの障害ですので治ることはありませんが、療育や訓練、適切なサポートを続けていくことで、高学年や中学高校である程度は問題なく授業についていけるようになる場合もあります。
またiPadなどの学習を補助する道具を使いこなすことで、進路の選択も広がります。

学習障害の特徴・症状・チェック

読字障害(ディスレクシア)の特徴・症状

文字を読むことが不得意な症状です。
読めない文字を飛ばして読む、音読する時に1つ1つの文字をバラバラに読んだり、文章をおかしな位置で区切って読む、行を飛ばして読む、勝手に知っている単語に置き換えて読む、文章の内容や意図がつかみきれない、などの特徴が見られます。
学齢期の子供のうち約1%に発生すると言われています。

書字障害(ディスグラフィア)の特徴・症状

ひらがなカタカナの左右が反転した鏡文字を書く、小さな「ゃ」「ゅ」「ょ」を書き間違う、小さな「っ」や句読点を抜かして書く、「わ」と「は」「お」と「を」を書き間違う、「め」と「ぬ」など似ている形の文字を間違えてしまう、漢字を覚えるのが苦手、文章がひらがなだらけになる、作文が著しく苦手、書いた文字の大きさがバラバラ、などの特徴が見られます。
学齢期の子供のうち約4%に発生すると言われています。

算数障害の特徴・症状

九九が覚えられない、繰り上りの計算が解けない、など計算が苦手という特徴があります。

その他の特徴・症状

時間の概念が理解できない、単位や図形やグラフが理解できない、アナログ式の時計が読めない、左右が分からない、昨日明日明後日を間違える、なども学習障害の特徴です。

学習障害の検査・診断

学習障害の診断や検査は、発達障害と同じものになります。

関連記事:発達障害とは
知能や言葉の理解やコミュニケーションなどの検査や、視力や聴力、体の動作なども検査を行います。
作業療法士のいる専門機関では、学習をする上で、目と耳どちらからの理解・記憶が優れているか(視覚優位 / 聴覚優位)などの検査も行っている場合もあります。

検査の目的は、単に知的能力や発達の遅れを調べるだけではなく、子供の得意不得意や、どのような学習方法が覚えやすくて理解しやすいのかを、医学的な根拠を元に探って見つける、ということにもあります。

学習障害の対策

学習障害は、本人の特徴に合った学習方法や道具でサポートを行うことがとても重要です。
また勉強への苦手感が強くならないように、先生へ学校での配慮をお願いすることも大切です。

学習障害の配慮や対策は、様々な工夫や方法、学習を補助する道具や教材が考えられています。
一例を上げると、読字が苦手な子供は、音声と文字のハイライト機能がついた「マルチメディアデイジー教科書」を利用する、教科書の漢字にルビをふっておく、などがあります。
書字が苦手な子供には、マス目の大きなノートを使ったり、視覚的(聴覚的)に理解をしやすい教材で漢字を覚える、などがあります。

また、学習障害の子供のサポートにはiPadなどのタブレットを使った学習が効果が高いと言われています。
当サイトでもタブレットを使った学習サポートについては、色々と取り上げておりますので、ぜひご覧になってください。

学習障害には早めの塾がおすすめ

学習障害の子供の学習サポートは、塾や家庭教師や学習支援のデイサービスなど、親以外の大人に見てもらえる環境を作ることをおすすめします。

親が家庭で教えることはあまりおすすめしません。というのも、よほど忍耐強い方でない限り、何度も同じ間違いを繰り返したり、優しく教えても全く覚えなかったり、少しの宿題にかなりの時間つきっきりになることにイライラして、つい厳しく叱ってしまいがちになるからです。
親が厳しく叱ってしまうと、子供はあっという間に自信を失って勉強嫌いになり、さらには親子関係も悪化しかねません。

低学年には塾はまだ早いと感じるかもしれませんが、学習障害の子供の場合は低学年でも決して早すぎることはありません。
学習意欲を失わないこと、出来た!分かった!という機会を増やして、勉強への自信を持たせてあげるサポートがとても大切です。

学習障害の子供の塾選び

集団塾ではなく個別指導型の塾をおすすめします。経済的に余裕のある家庭は、家庭教師もよいと思います。
学校のような集団授業ではなく、1対1または1対2くらいの少人数で丁寧に教えてもらうことが大切です。
※公文式は与えられた課題を黙々とこなせるタイプには向いていますが、集中力が続かないタイプ、問題を読み上げてあげたりなどのサポートが必要なタイプには向いていないと言われています。

また、苦手な科目を克服させたいと考えてしまいがちですが、まずは得意科目を教えてもらうことをおすすめします。
得意な科目を学んで勉強が楽しい!と勉強に自信が持てるようになると、やがて苦手科目にも積極的に取り組めるようになります。

まとめ

もしお子様の大学進学を考えているのであれば、最低でも1〜2回は受験をして16年間、高卒でも12年間は勉強をすることになります。
このように長い期間1日のうち大半を学校で過ごして勉強をすることを考えると、苦手なことは覚えやすい理解しやすい方法を見つけて、負担の少ない方法を作ってあげたいものです。
インターネットや本などで情報収集をして、色々な方法や道具を試したり、医師や専門家に定期的に相談をして、お子さんがなるべく楽しく学べるような環境を作ってあげてくださいね!

この記事がお役に立ったらシェアをお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するキーワード